交換時に知っておきたい!形状で分類できるLED照明のタイプ

LED照明で品揃えが豊富な定番の電球タイプ

LED照明には、明かりが必要な場所に適した選び方があります。ワンポイントで照らす照明を設置したいのであれば、電球型のLED照明が適していますね。従来の白熱電球や蛍光灯でも電球タイプのものが使われてきました。LED照明の中でも電球タイプの製品は豊富な取り揃えがありますね。電球タイプのLED照明はコンパクトであるため、狭い場所で照明が必要な場合に効果を発揮します。廊下やトイレなど、生活空間の至る所に電球型のLED照明が活躍してくれるでしょう。

シーリングライトに適した円形のLED照明

シーリングライトにはこれまで、円形の蛍光灯が広く使われてきました。これから蛍光灯からLED照明へと転換が進むと共に、円形タイプのLED照明の製品も増えてきます。円形タイプの照明器具は広い部屋を照らすのに向いていて、シーリングライトとしての用途に適しています。ただしこれまで使用してきた蛍光灯用の照明設備には直接的に円形のLED照明を設置できるとは限らないため注意を要するでしょう。LED照明のための電気工事が必要になるかもしれません。

オフィスで多い直管タイプも増えてきたLED照明

照明装置の種類の中には、直管タイプもよく見られます。特にオフィスなどで直管タイプの蛍光灯が広く使われてきました。その後直管タイプもLED照明へと取って代わられようとしていますね。直管型の蛍光灯からLED照明へと転換する場合には、長さや金口の形状に注意がでしょう。また直管蛍光灯からLED照明に換える場合、LEDに適した電気工事を行った方が無難です。電源が適合しないと発火などの恐れもあり、LED専用の工事を行うと安心感があります。

LEDライトパネルの利用価値は、多くの消費者の間で注目されており、様々な家電製品に用いられるケースが増えています。